2017年04月05日

ケニア大使館訪問

東アフリカで猛威を振るうスナノミ症対策として、日本リザルツではQ&AAA(トリプルエー)+プロジェクトと題して、「ケニアに靴を送ろう」と、全国の皆さんのご厚志を募っています。
日本リザルツの事務所の一室は、皆さんの熱いご厚意の詰まった靴で、半分埋まりかけて、スタッフ一同、嬉しい悲鳴を上げている状態です。
先日、弊方の白須代表がケニアを訪問した際に、そうした靴の一部を持参したのはこのブログでも紹介されていますが、より大規模にケニアに運ぶために、民間会社のご協力を得て輸送を行うシステム作りを進めていますが、ケニア大使館に輸送作業と通関作業のペーパーワークのサポートを戴くために相談に伺いました。
大使館では、Minister CouncellerのMr. Kaliihから、個人的に知人から聞いたスナノミ症の体験と、日本の皆さんの暖かいご厚意への感謝の表明を戴き、今後の通関作業に関して貴重なアドバイスを貰うことができました。
ちょうど桜が五分咲きから七分咲きの晴天の午後。ケニアにも、穏やかで平穏な日常が来る日が少しでも近づけばと思った一日でした。
(中)
posted by resultsjp at 10:35| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
お花見日和だったんですね
Posted by まないた at 2017年04月06日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]