2017年04月06日

滞在先の好感度

途上国に滞在していると、便利さ・快適さ・マナー等様々な面で、日本にいる時と比較してしまう。
一般的言えば日本の方が勝っている項目の方が多いと思うが、人によって判断、考え方が異なるので
そうとは言い切れないこともある。一つには、滞在先の国または地域に対する思い、そこに暮らす人々
との交じり合いなどが考えられる。インフラ整備が整っていない不便さがあっても、心の優しい住人
たちに囲まれて生活していれば、不便さも薄れてくるはず。ここナイロビは、人口が多いこともあり
道端には多くのごみが散乱している。かつて舗装されていた道路も、傷みが激しく至る所穴が開き、
車で通るたび大きく揺れる。もう一つ上げるとすると、丁寧さ・サービス精神に欠けるところだろう。
この辺は大きく国民性や長い間の慣習から来ているため、そう簡単には修正出来ないかもしれない。
そんな中、個人的にいかにも優しそうな人柄の方や、以外に親切にしてくれる人に出会うことも多い。
我々が支援しているCHV80名も、様々なタイプがいて、愛想の良い人、元気の良さそうな人、真面目そうな人、きつそうな人等がいるが、話してみると外見とは違う意外な感じを受けることもある。徐々に慣れてくると、見方もかわってくる。数ヶ月でしかもたまにしか合わない人たちの人柄、性格を知ることは出来ないが、活動に携わっている時の気持ちに、違いはないよう願っている。

局チョー
posted by resultsjp at 22:24| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
チームケニアのリーダー、頼もしいです
Posted by まないた at 2017年04月07日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]