2017年04月19日

日本リザルツとゆかりのある方が新聞記事に

本日の日本経済新聞朝刊に面白い記事が掲載されていました。

内閣官房の研究(中)各省からエース官僚:官邸の意向、迅速に実現
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15477150Z10C17A4PP8000/

キーパーソンの1人として、和泉洋人内閣総理大臣補佐官も登場しています。
日本リザルツとも親交が深く、昨年のGGG+フォーラムや先日開催された世界栄養報告セミナー(GNRセミナー)にもご参加いただき、ご挨拶をして下さるなど大変お世話になっております。
また、今年10月10日に行われるGGG+フォーラムに関してもお力添えをいただいております。

別の面には山崎達雄前財務官のコメントも掲載されていました。

経済対話 評価と課題 日本がイニシアチブとれた/2国間の交渉、進展は難しい
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO1547186018042017EE8000/

財務審議官時代には、第77回世銀・IMF合同開発委員会における日本国のステートメントを執筆されました。
このステートメントは、アフリカにおける保健問題の重要な課題として結核対策の重要性を取り上げた非常に意義のあるものになりました。
また、ストップ結核パートナーシップ日本の会議でも積極的に発言下さるなど、国際的な結核対策にご尽力をいただきました。

紙面を通じて、日本リザルツとゆかりのある方の活躍の様子を知ることができるのは、嬉しいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 11:03| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
盛りだくさんですね
Posted by かなた at 2017年04月19日 11:04
新聞を読むのが楽しくなりますね。
Posted by ワタ at 2017年04月21日 09:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]