2017年04月21日

ナイロビ生活vol6 "ナイロビ事務所スタッフと打ち合わせ編"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログ"ナイロビ生活vol5"はこちらから
ナイロビ生活vol5 "結核患者にお会いしました編"

現在ナイロビ事務所には私を含め3名のスタッフがいます。
ナイロビ生活vol2 "デニスと大親友になろう編でもご紹介したデニスさん。そしてカルヴィンさんです。(正しい発音はカルヴィンスらしいです。Calvinceです。)彼は病院で働いていた経験があり、静かで聞き上手な性格です。(デニスは喋り出すと止まりません。)

===

そんな彼らとFollow-up Meetingを終えて、振り返ってもらい、さらに今後の動きなどについて話し合いの場を設けました。

まずはFollow-up Meetingの振り返り
-成功ではあったが、多少効率が悪い部分があり、まだまだ改善できる点が多々あった。
特に講師の方が来るのが遅かったり、時間の管理が甘かった。

この点が問題になりました。私も同じ感想を持ちました。"Follow-up"の意義はCHVの活動をさらに徹底させると同時に、リマインダー的要素もあります。誰しも活動に慣れてしまうと"なあなあ"になってしまいます。そこで再度、CHVの必要性や活動の意味を再認識すること、CHVが集まり、悩みや不安を解消すること、活動の振り返りを行うこと、進捗を管理すること。それらが重要になります。

Follow-up Meetingを見ていると概ねそれらのポイントを抑えられているなと思いました。が、議論が長い。カルヴィン、ウェストランド準郡スタッフの報告を見ても、決して効率的な議論とは言えませんでした。
どのようにすれば、効率的に議論ができ、1番良い答えをはじき出すことができるのか。今後スタッフとともに考えていきます。

次は今後の動きについて
-延期になっているマルチ会合をどうするのか。
-CHV Profileについて。私からの提案

マルチ会合についてはFollow-up Meeting後に開催予定でしたが、準備不足のため延期になっていました。
"マルチ"とは何なのか。その会合の意義は、各セクターの方々の意見を聞き、あらゆる角度から事業を見つめ直すことに意味があると思います。

私が提案したCHV Profileについては次回のブログで詳しく書こうと思います。

===

もともと議論や会合があまり好きではない性格ですが、今回は良い話し合いになりました。

次回はナイロビ生活vol7 "CHV Profile編"をお送りします。

しらいし
posted by resultsjp at 03:17| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
色々な方がいて面白いですね
Posted by かなた at 2017年04月21日 08:41
何事もフォローアップが大切ですね。
Posted by ワタ at 2017年04月24日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]