2017年05月15日

「区別」と「差別」 あれこれ補遺@

「区別」と「差別」という文章を少し長く書かせて貰った。
その際、「人種」という言葉を、判っていながら不正確に使ったことを明記しておきたい。
ホモサピエンスとしての人類は、たとえ外観が多少は違っても、遺伝的にほぼ相同であって複数の種に分化しておらず、所詮は一つの「種」でしかなく、「人種」という言葉そのものが学問的には不適切であると言う点。古くから使われている、コーカソイド、モンゴロイド、アングロ・サクソンなどの表現も、「人種」を特定する意味は持ちえない。つまり、人類学的に見て、人間に「人種」という「区別」は無いと言う点である。
それなのに、人間は敢えて「区別」を探し、「差別」を生み出す厄介な動物の様だ。
そうした特性を表現する意味で、人間がわずかな「差」を問題にする性向を表現するために、学問的な正確さを無視して「人種」という言葉を使わせてもらった。「人種差別」は歴然として存在するが、実は「人種」は存在しないという点は、明確にしておきたい。

先日、大学の物理学の教授が「原子核の周りの軌道を電子が高速で回転している」と新聞に記していた。一般向けの解説だから単純化して説明したのだろうが、量子力学的には、電子が原子核の周囲を回っているとは言えないので、学問的な正確さは欠いている。ただ、イメージを伝えるのには便利な表現だ。
例えば、炭素は、外郭電子が3p軌道を回っており、その電子が他の原子の外郭電子とペアを作ることで結合する。3p軌道は、酸素や窒素、水素等と電子軌道のペアを作りやすく、かつ、常温・常圧で適度に安定しやすい。だから、炭素を骨格として、アミノ酸が形成され、複雑な立体構造のタンパク質を産み、生命を構成するようになった。こうした特性の元素は炭素とケイ素しかなく、生命体が存在するとしたら、ケイ素生物か炭素生物しか考えられないと言われる所以である。
地球上の生物の存在は、炭素(Carbon)の3p軌道(Orbit)を抜きにしては語れない。だから、ジョージ・ルーカスは、スターウオーズに登場するヒューマノイドにC3POという名前を付けた、というのは良くできた冗談である。
(中)

posted by resultsjp at 21:54| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
「みんなちがって、みんないい」っていう詩もありましたね
Posted by まないた at 2017年05月16日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]