2017年06月15日

[ニュース]パレスチナ占領50年を迎えて

日本リザルツは、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のキャンペーン事務局をしています。
イスラエルが1967年の第3次中東戦争でヨルダン川西岸とガザ地区、東エルサレムなどの占領を始めて今年で50年になります。

節目の年を迎え、朝日新聞で特集記事が出ていました。
(パレスチナ占領50年:上)「ユダヤ化」進むエルサレム 増える入植者「神聖な使命」
http://www.asahi.com/articles/DA3S12973960.html
(パレスチナ占領50年:下)分離壁の向こう、入植増殖 ヨルダン川西岸、イスラエルが一体支配
http://www.asahi.com/articles/DA3S12984358.html

昨今は、中東情勢が安定していません。
特にシリア情勢の悪化は深刻です。
UNRWAでは、シリアの現状を伝えるビデオクリップを作成したということです。
日本語の字幕がついています。是非、ご覧ください。

シリア危機について
https://youtu.be/ODoiEO_duW0

ALIA SHEHABIさんの声(80)、ダマスカス・シリア
https://youtu.be/3tWLrBWTfp4

誰1人取り残さない社会を目指すためには、困っている人の声なき声を拾うことが必要です。
パレスチナ難民のみなさんが安心して、平和に暮らせる日が来るためにも、日本リザルツもUNRWAの事業を精一杯応援していきます。
(はるか)
posted by resultsjp at 12:52| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
平和が一番ですね
Posted by 小鳥 at 2017年06月15日 13:00
自由な青空を見せてあげたい。
Posted by 寅ジー at 2017年06月16日 22:22
難民と呼ばれる人がいない世界になってほしい。
Posted by ワタ at 2017年06月18日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]