2017年06月16日

ナイロビ生活vol22 "今後の予定編"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログナイロビ生活vol21はこちら
ナイロビ生活vol21 "最近の出来事編"

===

日本リザルツが日本のODA資金を活用しケニア・ナイロビ市内で実施している「ナイロビ市のスラム居住区におけるコミュニティ主導の結核予防・啓発活動の拡大支援事業」の初年度があと1ヶ月半で終了になります。

IMG_0743-thumbnail2.JPG
(事業地であるカンゲミスラム居住区の様子)

IMG_3452-thumbnail2.JPG
(塗り直しを終えた結核クリニック)

これからの残り45日間は、「最終報告書の作成」とさらなる「コミュニティ主導の結核啓発活動」を行なっていきます。

今月中にはケニア政府が主催し、CHVsが行うアウトリーチ事業(malezi bora activitiesと呼ばれています)があります。CHVsがカンゲミ地域社会への奉仕活動に主役として活躍する年一度の大舞台です。

それとは完全に独立して、カンゲミ地区長と共に、カンゲミ地域内の学校(Primary School)にCHVを派遣し結核啓発のための授業を行う企画も計画しております。

来月からは、エンドラインリサーチ(カンゲミ住民の結核に対する知識や偏見に関するデータを収集。CHV協力のもとで「結核患者は必ずHIVにも感染しているか」という質問から「結核クリニックに通うことに不安を感じるか」という偏見に関する内容まで、広範囲を網羅する調査)を行う予定です。

さらにエンドリサーチと同時に、持続可能性の観点から日本リザルツの活動/CHVの活動がどれだけ認知されているのかについて調査を行う予定です。これらの活動がどれだけ地域住民に受け入れられているのかを示す非常に重要なデータになります。

また、7月にはマルチ会合とフォローアップ会合も予定されており、怒涛の45日間になります。

===

頼もしいナイロビ事務所のスタッフと一緒に、乗り越えてみせます。

しらいし
posted by resultsjp at 22:12| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
結核アドボカシー活動の内容がより充実したものになりますように
Posted by 小鳥 at 2017年06月17日 13:38
あと45日ですか。悔いの残らない活動を!
Posted by ワタ at 2017年06月18日 11:32
初年度事業の成果は、まだ作り出せる。
Posted by サブコート at 2017年06月23日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]