2017年06月17日

釜石生活70 〜子どもの気持ち 学習会〜

6月15日(木)10〜12時、鵜住居公民館にて「子どもの気持ち 学習会」を実施しました。
鵜住居地区は、釜石市でもっとも震災の被害が大きかった地区のひとつで、今も復興工事が続いています。
その鵜住居公民館で「喪失を経験した子どもの気持ち」をテーマにした学習会を開催することには賛否両論あるだろうと思いましたが、2月にグリーフケアの研修を受講して以来、鵜住居でこそ学習会を開催したいと考えるようになりました。

ここで、グリーフケアについてもう一度お話ししますと、大切な人を失う絶対的な別離によって、失意とともに深い悲しみの感情と、なんとか対処しようとする理性・認知感情との狭間で揺れ動き、とらえどころのない苦痛を伴う心身の反応を「悲嘆(グリーフ:grief)」といいます。
グリーフに陥り、突然不慣れな環境に押し込まれた時、繰り言や思い出話をじっくりと傾聴してくれる人、さりげなく寄り添うサポートは心強いもので、これらの援助を「グリーフケア」といいます。

そして今回は、佐々木誠先生(臨床心理士、岩手大学三陸復興・地域創生推進機構 特任准教授)による「喪失を経験した子どもの気持ち」をテーマにした学習会でした。
IMG_0074.JPG

東日本大震災で壮絶な「喪失」を体験された地元の方も多かったので、大変辛い学びだったことと思います。それでも、学ぼうという自らの強い意思で参加していただいたからでしょうか、途中退出される方はいらっしゃいませんでした。
IMG_0071.JPG

私自身も、大きな喪失を体験した当事者でもあるので、佐々木先生のお話を伺っていて、2回ほど、はらはらと涙が流れました。
参加者の皆様にとっても深い学びの一日になったことと思います。(鈴木)
posted by resultsjp at 21:27| Comment(2) | 東北復興支援
この記事へのコメント
充実した勉強会になったみたいですね
Posted by 小鳥 at 2017年06月18日 07:48
グリーフケアって聞きなれない言葉ですが、非常に重要ですね。
Posted by えこちゃん at 2017年06月18日 11:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]