2017年08月07日

河野外務大臣の就任会見

日本リザルツは国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のキャンペーン事務局をしています。
今回の内閣改造の目玉となったのが、河野太郎衆議院議員の外務大臣就任でした。

河野大臣は中東情勢に造詣の深い方です。
IMG_1464.jpg
3月10日に実施した「ガザビジ!」のイベントにも来てくださいました。
就任会見で興味深い発言をされていたので、共有させていただきます。

以下、外務省の就任会見のご発言を抜粋しております。
中東の問題に日本はやはりしっかりとコミットしていく必要があるだろうと思っております。日本は宗教的にも非常に中立的な立場と言ってもいいんだろうと思いますし,植民地の歴史というのも中東では日本は無縁でございます。杉原千畝さんのような,ユダヤ人の人たちを助けたという外務省の誇りある歴史もございますし,中東の平和と安定がエネルギーの供給を通じて,日本の経済,あるいは日本の社会の安定に直結をしているというのは,まさにそのとおりだと思っております。日本がもっともっとこの中東問題にコミットしていくということをやらなければならないのかなというふうに思っております。

もっと読みたい方はこちらを参照。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken1_000027.html

折しも、岸田前外務大臣が国連のSDGs(持続可能な開発目標)に関する会合に出席し、防災や教育、難民問題などの分野で1000億円規模の支援を行うと表明していました。岸田外務大臣の後を引き継いだ河野外務大臣が、誰一人取り残さない社会(SDGs)を目指し、中東情勢の改善を図り、皆さんが平和に暮らせる日が来ることを心から祈っています。
(はるか)
posted by resultsjp at 22:05| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
今後の動きが気になります
Posted by 小鳥 at 2017年08月07日 22:06
中東にもしっかり目を向けていただければ。
Posted by ワタ at 2017年08月08日 08:54
確かに日本も中東問題にきちんと向き合っていくこと大事です。
Posted by トミー at 2017年08月08日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]