2017年09月17日

「貧者の銀行」日本進出へ

注目記事を共有いたします。

【共同通信】
「貧者の銀行」日本進出へ
無担保融資で就労支援
https://this.kiji.is/281709639544226913

「貧者の銀行」グラミン銀行といえば、ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏が83年に創立した銀行で、マイクロクレジットと呼ばれる貧困層を対象に比較的低金利の無担保融資を主に農村部で行っていることで有名です。

日本リザルツでは、マイクロクレジット推進のためアドボカシーを行ってきました。
ムハマド・ユヌス氏は日本リザルツの名誉顧問です。

ムハマド、ユヌス氏の言葉
「リザルツの電話会議に初めて出席したのが 1987 年、以来リザルツは常にグラミン銀行の最高のパートナーだ」

E69C9DE697A5E696B0E8819EE3808CE7A781E381AEE8A696E782B9E3808D-001.jpg

2014年の10月16日付の朝日新聞「私の視点」ですが、弊団体の鰐部さんが書かれたものです。
記事にも紹介されている菅先生はアフリカ開発銀行日本政府代表理事、世界銀行. 日本政府代表理事を歴任され、よく日本リザルツオフィスを訪れています。

===

つい先日、オフィスにあった本を電車の中で読んでいました。

朝日新聞出版 「子どもと貧困」

18518.jpg

朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:子どもと貧困
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18518

これを読んだときに衝撃を受けました。

日本の「もうひとつの現実」私の想像を超えた、孤独と無力感のなかで生きる子どもたち。その育ちゆえに閉ざされた道を拓くために、大人が、社会が、国ができることは何なのだろうか。

背表紙に書かれた文章ですが、その通り。何ができるのか考えさせられました。
そのひとつの答えが「マイクロファイナンス」であり「グラミン日本」だと信じています。

しらいし
posted by resultsjp at 11:05| Comment(4) | 情報
この記事へのコメント
同じ境遇の人たちが助け合う支援のやり方を広めて行ければ....
Posted by サブコート at 2017年09月17日 16:02
SDGsの実現の大きなヒントになりそうですね
Posted by 小鳥 at 2017年09月17日 18:53
マイクロクレジットの動きが本格的になりますね。
Posted by ワタ at 2017年09月18日 09:48
記事の共有、ありがとうございました。
Posted by トミ at 2017年09月22日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]