2017年09月29日

【アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座参加】

 
image1.jpeg

 アンガーマネジメントは色々な書籍もあり、拝見したことはあるものの、キッズ向けは初体験。「怒りの感情」、「怒りのボキャブラリー」、「怒る理由」など怒ることについて学習しながら、幼児期〜小学生の児童に対するアンガーマネジメント技法について習得してまいりました。
 怒りは二次感情であり、一次感情である不安、嫌だ、痛い、つらい、苦しい、寂しい、虚しい、悲しい等から派生したものであり、自身の怒りの感情を紐解くと一次感情に繋がることが講座を通じて発見することができました。怒るのを止めるではなく『怒る気持ちとうまく寄り添っていく』、優しいコミュニケーション技法でありました。同時に、子どもへ伝えるボキャブラリーも必須であり、如何に怒る気持ちを子どものニュアンスにマッチングさせながら伝えることができるのかが重要となります。心の専門家として、非常に遣り甲斐のある部分です。
 今後、アンガーマネジメントキッズ講座を開催するにあたり、今研修で得た知識や技法を活かし、釜石市の子ども達へアプローチしながら、自身も成長させていただきたいと願っております。

※写真は≪青葉通りこどもの相談室から見える、いつもの眺め≫を掲載致しました。

【青葉通りこどもの相談室 和賀】
posted by resultsjp at 11:12| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
くまモンの写真が可愛いですね
Posted by 小鳥 at 2017年09月29日 18:59
応援しています
Posted by トミ at 2017年10月02日 14:35
子ども達のためにいろいろなことを学ばれていますね。
Posted by ワタ at 2017年10月03日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]