2017年10月13日

マラリア患者の実情

ケニアを含むアフリカのサブサハラは、自然環境からも多くの疾病、特に感染症の被害を受けて
います。最近ケニアでは地方でのマラリアによる死亡者が報告され、感染拡大に警戒心が注がれ
ています。予防、医療体制が未だ整備されてないところが多く、死亡者の増加と感染拡大に結び
ついています。
医療施設では、病院やヘルスセンターの数が足らず、多くの入院患者がベットを分け合い、体の
弱っている患者が、更に感染してしまう例も出ています。更に、昨年末頃から公立医療機関の
看護師・医師・技師たちが2度にわたりストライキを行い、その影響を受け診察は勿論、薬の
配布など患者にとって命に係わる事態が続いています。それをカバーしているボランティアの
人たちがいるとの報道があり、我々が支援しているCHVの人たちが思い浮かびました。
このボランティアの人たちは多分専門的な知識、訓練は受けてなく、単なる手伝いかも知れま
せんが、それでも地域のため、患者のためを思って手を差し伸べてきてくれたものと思います。
CHVもその思いは抱いているはずで、瀕死の状態になる前の予防の大切さをより理解して、日々
活動に携わってくれてます。
局チョー
posted by resultsjp at 19:49| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
早くCHVさんが活躍する姿が見たいですね
Posted by 小鳥 at 2017年10月14日 13:30
ボランティアの方々の活動に感謝ですね。
Posted by ワタ at 2017年10月15日 11:34
難しい問題です。
Posted by トミ at 2017年10月16日 16:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]