2017年11月09日

全国会議員へNL配布「出国税、使途に地球規模課題を含めよ」

                  キャプチャ国際線ターミナル.JPG

今年の夏、突然観光資源整備のための財源として「出国税」構想が浮上し、官邸の強い意向もあり実現の可能性が高まっています。このことに対し、私たちは「出国税の使途に地球規模課題を含めるべき」として、昨日全国会議員に対してニュースレター『g-tax News Letter 国際連帯・貢献税』を配布しました。

この出国税ですが、実は「受益と負担」の関係を見れば大幅に乖離していることが分かります。

◎受益する人(観光目的の訪日外国人):1990万人
◎受益しない人(出国日本人@+商用目的の訪日外国人A):2110万人
※@1700万人、A410万人  (⇒数字は2016年)

そこで観光庁の検討委員会では、使途を観光資源関係だけをとするのではなく、出入国の管理体制の強化や空港整備等も加えています。しかし、課税ポイントが出国という領土主権外のサービス提供に対してですので、税収による使途は一国の一部門のみに使用すべきではなく、国際社会での普遍的課題に(感染症問題や気候変動問題など地球規模課題に)使用すべきです。

そういう立場から、ニュースレターでは、グローバル連帯税的要素も入れた出国税として制度設計すべき、と提案しています。今後国際連帯税創設を求める議員連盟とも連携しつつ、地球規模課題の財源を得るために活動していきます。

◆ニュースレターはこちらでお読みください ⇒ PDF

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 16:51| Comment(3) | 国際連帯税の推進
この記事へのコメント
ホットイシューですね!
Posted by 小鳥 at 2017年11月10日 08:28
出国税って日本人にとってはどのように感じられるのでしょうかね。
Posted by ワタ at 2017年11月10日 09:06
視点を外に向けさせる策を考えてみたい。
Posted by kmw at 2017年11月11日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]