2017年11月09日

離婚後に向けた話し合い

最近『らぽーる』では、ADRのお問い合わせが増えています。
ADRとは、訴訟手続によらない紛争解決方法のことで、第三者が中立の立場で入り、話し合いをまとめるお手伝いをします。
離婚をする前に、子どもにできるだけ負担を掛けないように、父母でお話しをしていただいています。
夫婦が色々と話し合った結果、離婚に至ったわけで、簡単に話し合いがいくことも稀なのですが、そこは子どものために頑張っていただいております。
どちらの言い分もあり、お互いに折れるところ、折れないところが出てきますが、そこをどのように折り合いを付けるかが重要であり大変です。しかし、「子どものために」という共通の理解のもとに、一緒に話し合ってもらっています。
夫婦の離婚後に、子どもに色々な負担をできるだけ負わせないために、面会交流について、養育費について、ちゃんと決めてから別れるような世の中になって欲しいですね。
(大川)
posted by resultsjp at 17:02| Comment(3) | らぽーる
この記事へのコメント
みんなが幸せな形で問題が解決できるといいですね
Posted by 小鳥 at 2017年11月10日 08:29
裁判よりADRでの解決の方が良いように思います。
Posted by ワタ at 2017年11月10日 09:08
第三者が入ることで見方が良い方向に変わることを期待したい。
Posted by サブコート at 2017年11月11日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]