2017年12月27日

【平成29年度岩手県ひとり親家庭支援者等養成研修『岩手県ひとり親家庭支援者養成講座』】

平成29年度岩手県ひとり親家庭支援者等養成研修『岩手県ひとり親家庭支援者養成講座』へ参加いたしました。

image1.jpeg

『平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果(厚生労働省)』のデータが多くピックアップされており、現在のひとり親家庭を取り巻く環境および実態を把握することができました。
ひとり親家庭になった理由としては、母子世帯の79.5%が離婚、8.0%が死別であったのに対し、父子世帯では、75.6%が離婚、19.0%が死別であり、母子世帯、父子世帯ともに近似した傾向でありました。
しかし、経済面になりますと、平均年間就労収入が父子世帯398万円に対し、母子世帯200万円と大きな差が生じていました。これは、日本の就労および勤務形態における男女格差が依然根深いものであり、この経済格差が『子どもの貧困』に繋がっていることが容易に想像できるデータでした。
研修内容の詳細はお伝えできませんが、『平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果(厚生労働省)』は、ひとり親家庭や子どもの貧困等の現代社会に根付く問題を投影していることを示唆しているデータといえます。
これを基に、我々が社会に対し、どのようなアプローチができるのか。
私自身の心に一石を投じる、貴重な研修会でありました。


青葉通りこどもの相談室 和賀





posted by resultsjp at 10:41| Comment(1) | 東北復興支援
この記事へのコメント
勉強になりましたね
Posted by 小鳥 at 2017年12月27日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]