2018年01月09日

【発達障害】

発達障害とは『発達障害者支援法(第2条、2004年制定)』において、『自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして法令で定めるものをいう。』と定義されています。
1980年、WHO(世界保健機関)の『国際障害分類試案(ICIDH)』以来、改定を重ね、2013年、『DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)』において、『広汎性発達障害(PDD)』が『自閉症スペクトラム(ASD)』の診断名と変わりました。『広汎性発達障害(PDD)』の中には、自閉症やアスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)等が含まれ、細かく分類されていましたが、『DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)』では分類せず、『自閉症スペクトラム(ASD)』という大きな1つの診断名に統合されています。

2015年、文部科学省が、公立の小学校、中学校及び中等教育学校(前期課程)を対象として実施した『通級による指導実施状況調査(2016年公表)』の結果では、通級による指導を受けている発達障害(自閉症、学習障害及び注意欠陥多動性障害)ある児童生徒数は、2015年時点、 4 万 1,986 人(自閉症 1 万 4,189 人、学習障害 1 万 3,188 人、注意欠陥多動性障害 1 万 4,609 人)と報告されています。
前記の数字は、公立の小学校、中学校及び中等教育学校(前期課程)のみですので、他環境における児童を加え児童全体で見ると、はるかに大きな数字となることは、容易に想像されます。

発達障害に関する環境は日々変化し、大きな社会的要素の一つとなっています。

当相談室へ相談されるケースにおいても、『自閉症スペクトラム(ASD)』と診断される児童は少なくありません。そして、その児童一人一人が『社会での生きづらさ』を抱え、独りで悩んでいるケースが多く見受けられます。発達障害を抱えている児童は、『(客観的視点での)困った子』ではなく、『(児童の視点での)困っている子』なのです。その困り感に対し、如何に寄り添うことができるか、また、教育、福祉、医療等の多機関多職種と連携しながら、如何に地域全体で見守ることができるのか。
今後も真摯に対応していくべき、青葉通りこどもの相談室のテーマの一つとなります。


青葉通りこどもの相談室 和賀
posted by resultsjp at 16:08| Comment(1) | 東北復興支援
この記事へのコメント
今後の進捗状況も教えて下さいね!
Posted by 小鳩 at 2018年01月10日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]