2018年02月09日

SATOのトイレを見学してきました

昨年7月4日に、世界トイレ大革命が発足してから、早半年。
http://resultsjp.sblo.jp/article/180244159.html

遂に、ミセス・トイレであるどーらが、SATOのトイレを見学する日がやってきました。
ナイロビから片道2時間近くかけて、LIXIL様のサイトがある場所に向かいました。
DSC_0177.JPG
まずは家庭に設置されているものを見学します。
DSC_0180.JPG
いわゆる「ぼっとん便所」と違い、嫌なにおいがしません。
ミセス・トイレも、実際に使い、「においもしないし、使いやすい!」と太鼓判を押していました。
この家では、終わった後に水を流しているそうで、非常に清潔に使用されていました。

次は、小学校を見学します(お食事中の方申し訳ありません)。
DSC_0189.JPG
この学校では、SATOのトイレと、そうでないトイレの比較実験を行っています。
DSC_0190.JPG
一般的に使用されているトイレ。悪臭が漂います。

次にSATOのトイレです。
びっくりすることに全くにおいがしません。
DSC_0196.JPG

ただ、SATOのトイレは汚物の重さで蓋が開閉します。
うまくいかないと、蓋が開かないことも…
DSC_0194.JPG

ミセス・トイレは「家庭での使用例のように用を足した後、水を流すとより清潔に利用できるのではないか」という提案をしていました。
水を流したら、ご覧の通り、きれいなトイレに!
DSC_0195.JPG

この学校では4台のSATOを日本円でだいたい3000円くらいで導入したそうです。
低価格で、より安全で、きれいな環境でトイレは、世界トイレ大革命を成功させるうえで、大きな魔法の杖になるかもしれませんね。

DSC_0205.JPG
最後は、LIXILの北村さんと記念写真。
お忙しい中、有難うございました!
(はるか)
posted by resultsjp at 19:45| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
色々なところに普及するといいですね
Posted by 小鳥 at 2018年02月09日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]