2018年02月14日

はじめての折り紙

日本リザルツはケニア・ナイロビのスラム街、カンゲミ地区で結核アドボカシープロジェクトを行っています。
現在、フィールドのリーダーであるカルヴィンと看護師であるマーガレットが、カンゲミ内を回り、結核患者さんの情報を集めています。

先日、長坂が結核患者さんを訪問した際、折り鶴をお渡しました。
http://resultsjp.sblo.jp/article/182399834.html

日本では早く良くなるようにという願いを込めて、病気になった人に千羽鶴を渡します。
この話に感銘を受けたマーガレットから、「自分が患者さんのもとを訪問する際に持っていきたい!」というご要望があり、本日、折り紙講座が開かれました。

最初は大苦戦。オリジナルの動物!?(写真下・白いもの)が出来上がってしましたが、練習を重ねるうちにうまく折れるようになりました。

20180214_090302.jpg

黄色い鶴がマーガレットが折ったものです。
4羽の折り鶴を持ち、結核患者さんのもとに元気よく出かけていきました。

20180214_085029.jpg

完成した鶴を持って、記念写真。なんと、今夜は1人で折り鶴づくりに挑戦するそうです。
願いをこめた折り鶴が1人でも多くの結核患者さんに届き、元気になるといいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 22:09| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
塗り絵の次は折り鶴!?
Posted by ことり at 2018年02月14日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]