2018年03月06日

ケニアで大凧づくり始まる!

日本では3月11日の東日本大震災に合わせ、釜石、春日部で凧揚げが行われます。
http://resultsjp.sblo.jp/article/182589510.html

今年は、ケニアでも凧揚げを行います!
世界結核の日(3月24日)に合わせて行います。

日時:3月23日(金)14時〜16時
場所:カンゲミ地区のグラウンド

23日のイベントに向け、本日、早朝から大凧づくりが始まりました。
大凧職人藤波慎吾さん監修のもと、警察官のデニスさん、ロティチさん、運転手のジェームスさん、オフィスがあるホテルの従業員さんも総出で作業が行われています。

DSC_0593.JPG
DSC_0601.JPG
監修する藤波さん、すっかり職人の目になっています。

今日は大凧の骨組みとなる竹の切断を行っています。
なんと、竹はケニアで現地調達したものです。

DSC_0595.JPG
運転手のジェームスさんと、ホテルの従業員の方で、なたを使って、大きな竹を割いていきます。

DSC_0598.JPG
DSC_0596.JPG
藤波さんの指導のもと、警察官のデニスさんが、それをさらに細くしていきます。

DSC_0597.JPG
DSC_0602.JPG
そして、同じく警察官のロティチさんが、かんなを使って、切断部分をきれいにしていきます。
なんという連携プレーでしょう!

ケニアは現在、雨季。今日は午後になると、スコールが来るため、晴れている間を使い、作業を進めます。
びっくりするような大きな凧をケニアの大空に羽ばたかせるために、お天気の日が続くことを心から願います。
(はるか)

posted by resultsjp at 17:46| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
雨が降りませんように!
Posted by 小鳥 at 2018年03月06日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]