2018年03月24日

ケニア凧揚げの様子が日本の新聞に!

本日の世界結核の日を記念し、日本リザルツは23日、ケニアのスラム街・カンゲミ地区で凧揚げ大会を行いました。
その様子を共同通信社さんが取り上げてくださいました。
記事はこちらです(以下、共同通信記事引用)。

img_bdd770cf64849a1dd8605d0ee276524f41356.jpg

ケニアの子ども、たこ揚げ
結核予防を啓発

 【ナイロビ共同】24日の世界結核デーを前に、ケニアの首都ナイロビの貧困
地区カンゲミで23日、日本の非政府組織(NGO)が結核予防の啓発イベント
を開き、地元小学生千人以上がたこ揚げをしながら、手洗いやうがいの大切さを
学んだ。
 主催したのは、世界の貧困問題などに取り組む「日本リザルツ」。カンゲミ地
区で結核の検査施設の建設などに携わっている。この地区では、住民1万人当た
り100人以上が結核患者で、結核がまん延しているケニアでも特に多いという。
 「結核をなくそう」と書いた小さな紙のたこを各自が作ってグラウンドを走り
回ったほか、約3メートル四方の大だこが披露されると子どもたちから歓声が上
がった。来年以降も結核デーに合わせてたこを作り、予防を意識してもらう計画
という。
 小学生のパスカル・バラサ君(12)は「たこ揚げは初めてで、楽しかった。
結核になった友だちがたくさんいるので、気を付けたい」と話した。

お忙しい中、スラム街まで来てくださった記者の方。本当に有難うございました!
記事のリンクはこちら。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/309274
(はるか)
posted by resultsjp at 17:35| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
皆さんのお力添えのお陰ですね。いろんな人に支えられているのを実感します。
Posted by ことり at 2018年03月24日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]