2018年04月27日

【重要】河野外相、資金調達へ「国際的な税」も提案>シリア支援国会合で

             シリア支援会合(河野外相).JPG

みなさま、お世話になっています、グローバル連帯税フォーラム(日本リザルツ理事)の田中徹二です。

たいへん重要なニュースが飛び込んできました。25日の欧州と国連との主催によるシリア支援国会合(*)で河野太郎外相は、「支援のための資金をどうひねり出すかという新しいメカニズムが必要になる」という問題提起を行い、さらに演説後記者団に「国際的な税を考えていく必要がある」と語ったということです。

この「国際的な税」が何税であるのかは語っていませんが、国際連帯税のような税構想を考えているのかどうか、非常に気になるところですね。


【日経新聞】シリア支援国会合、日本は約15億円の協力を表明
 
 【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)と国連が25日にブリュッセルのEU本部で開いたシリア支援国会合で、河野太郎外相はシリア人道支援へ新たに約1400万ドル(約15億6800万円)の緊急無償資金協力を表明した。河野氏は、今後の支援の資金調達の手法として、国際的な税の創設も検討していくべきだと訴えた。

 支援会合での演説で支援を表明した。シリアのほか、同国から難民が流入するヨルダン、レバノンを支援の対象とする。

 シリア内戦が長期化するなか、各国の予算から拠出する支援に頼る現状は「いずれ行き詰まる」と強調。「支援のための資金をどうひねり出すかという新しいメカニズムが必要になる」という問題提起もした。演説終了後、記者団に「国際的な税を考えていく必要がある」と語った。

 河野氏は演説で、シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑を巡って、「使用者を処罰するための国際的な恒常的メカニズムが必要だ」とも参加国に呼び掛けた。

(*)2017年4月支援国会合に際しての外務省の説明(今年2018年は3回目の会合となるのですね):
シリア危機が7年目に入り,約1300万人を超える難民・国内避難民の発生を含む深刻な人道危機が継続している状況を踏まえ,国際社会に対して新たな支援拠出を呼びかけるべく本会合が開催された。昨年2月にロンドンで開催された「シリア危機に関する支援会合」のフォローアップ会合としての位置付けもあった。

★写真は、シリア支援国会合の「ファミリーフォト」(河野外相のツイッターより)
posted by resultsjp at 13:08| Comment(4) | 国際連帯税の推進
この記事へのコメント
このように記事を説明していただくと状況が良くわかります。
Posted by そら at 2018年04月27日 15:24
国際連帯の対象としては、まずは、感染症、貧困地域のこどもとお母さんの栄養改善といった地球規模課題が想起されますね。
Posted by ひら at 2018年04月28日 00:30
いつも勉強になっています!
Posted by ことり at 2018年04月28日 16:54
力強く進めて欲しいと感じます。
Posted by しん at 2018年05月11日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]