2018年06月15日

カンゲミヘルスセンターの新結核検査所の完成に向けて

日本リザルツは、2016年からコミュニティ主導の結核予防活動を支援しております。今回は、その活動の1つの新結核検査所の建設について紹介させて頂きます。

s_建物外観.JPG

上に見えます写真は、本年の5月末に撮影した新結核検査所の外観です。まだ完成しておりませんが、建物の外観の主な様子が伺えると思います。以前、ケニアの建物は、レンガを積み上げて出来た模様が1つの特徴だと聞きました。この建物は、2階建てとなっており、カンゲミヘルスセンターの現結核検査所では難しい、幅広いスペースを用いた検査、書類作業、その他必要業務が可能になります。

内装作業.JPG

地固め作業.JPG

皆さまは、建設作業にどれほどお詳しいでしょうか。自分は、こちらの結核検査所の建設に携わるまで建築から遠い人間でした。上に見えます写真は、建設現場の方々がプラスタリングと呼ばれる内装とハッキングと呼ばれる地固めの行程作業を行っている様子です。

DSC_0178.JPG

今回の新結核検査所の建設において、多くのケニア人が毎日の作業に集中しておられます。現在、ケニアの気温は下降傾向にあります。それでも、建物の素早い完成に向けて、作業員達は頑張っておられます。上に見えます写真は、日本リザルツの代表の白須がケニアへ来られ、建設状況の確認を行われている時に作業員達と撮影したものです。

皆さま、カンゲミヘルスセンターの新結核検査所の完成模様とそこで行われる新たな結核検査活動の様子を届けますので、ご期待ください。

(智貴)

posted by resultsjp at 12:01| Comment(3) | ケニア
この記事へのコメント
かなり建物としての形が出来上がってきている様子をみて、実際に使われているところを想像してしまいました。
Posted by しん at 2018年06月15日 13:40
完成が楽しみですね!
Posted by ことり at 2018年06月15日 13:48
もう一息です。頑張ってください。
Posted by ひら at 2018年06月15日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]