2018年07月23日

西日本豪雨災害(岡山県倉敷市真備町の医療現場からの緊急報告)

西日本豪雨災害の甚大な被害、中でも人の命に関わる医療実態現場調査のため、日本リザルツ白須代表の先遣隊として、岡山県倉敷市真備町に来ています。真備町の11か所の医院・医療施設(中核となる大病院や個人医院)のうち、山上にある精神科病院一か所を除き、先の豪雨災害により一階部分が水につかり、機材(カルテも含む)が全て泥まみれ、使用不可能になり、診療が不可能になっています。
   このため、現在、ほぼ唯一の診療であるAMDAさんによる移動外来診療車での診療が、やはり災害を受けて休診中の「まび病院」の入り口で、吉備医師会を中心とする医師団やNGO(AMDA)等による懸命の努力が続いています。ただ、この診療車も今月一杯とのこと。その後の仮設の診療施設が求められています。町内では2,900人の避難住民ががおられるとのことですが、地元の小学校の体育館と教室で500名に及ぶ避難住民が不安な日々を過ごしておられます。今のところ、仮設住宅のめどもないようで、いつまでこの状態が続くのか極めて不安な状況です。特に今年は猛暑。人の命に係わる大変な状況です。
   現場をご案内いただいた吉備医師会高杉医師から下記メッセージを頂戴しています。地域医療は、「かかりつけ医」として、医師と患者の間の「顔の見える医療」を大切にして、高齢者や幼児を持つお母さんなど弱者層に対して安全・安心を提供することで住民の心の支えにもなっています。一刻も崩壊した地域医療を復活させなければいけません。時間がありません。AMDAの皆さんが必死で支えておられます。我々もNGOとして微力ながらお手伝いをしなければいけません。

「真備地域医療復興プロジェクトチーム」
実施母体:吉備医師会、まび記念病院、真備地区開業医
協力団体:岡山県医師会他

【活動方針】
平成の大合併で真備町は倉敷市に合併したが、以前から総社市との結びつきの強い地域で、現在は倉敷市ではあるが、ある種自治区のような印象のある地区であるため、倉敷市民からの注目度もあまり高くない地域である(8,715世帯、人口22,970人)。真備地区は高梁川の支流小田川の氾濫により町の中心部が水没し、町全体が機能不全、ゴーストタウンのような状況になっている。そして、真備町の11医療機関のうち、まび病院を除く10医療機関が壊滅的な状態になり、診療再開のめどが立っていない。

吉備医師会は総社市と真備町の医師で形成されていて、われわれの仲間の医師が被災している状況であり、真備地区の地域住民のため、町の再生のためにも医療再建に取り組みたいと考えている。町の再生には医療施設は不可欠であり、しかも、これまで培ってきた顔の見える患者-かかりつけ医の関係・絆を絶やしてはならないと考えている。
そのために町の基幹病院であるまび記念病院を中心に、真備地区の高齢で廃業の危機にある開業医も再建できるような仕組みを考えていく必要があると考えている。

主要活動
1.まび記念病院の外来機能の早期再建
まび記念病院敷地内に仮設診療所建設(移動診療車から移行)
2.まび町内の開業医の早期診療再開と再建
仮設診療所への外来枠確保と出務をしつつ自院を再建
3.まび記念病院と周辺の開業医の連携
仮設診療所や周辺の開業医への外部からの応援医師の要請
開業医の継承へ発展する可能性あり。

具体的活動
・まび記念病院敷地内仮設診療所運営
・診療機材購入
・応援医師の要請
・その他

IMG_1498.jpg

IMG_1428.jpg

IMG_1565.jpg

IMG_1568.jpg

IMG_1601.jpg

posted by resultsjp at 00:01| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
高齢者の住民、医療に携わる医師の先生方の苦悩の中で、吉備医師会の高杉先生の情熱にこころ打たれました。アムダスタッフの方々の誠心誠意のサポート体制に東京の我々もお手伝いしたいです。それにしても病院内は悲惨な状態でした。「検査室」の表示板をゴミの上に見つけました。「助けてくれ」と訴えているようで悲しかったです。ある医院の2階に患者の紙のカルテが並べてありました。その写真はおって掲載します。ゴミの山だけではない世界を見ました。
Posted by ひら at 2018年07月23日 01:40
現地のニーズに沿った支援を行うためには、現地の人の生の声を聴くことが大切だと思いますし、今回の視察は非常に意義があることだと思います。私も基さんが岡山で頑張っていることを励みにして、ナイロビで、1人でも多くの方にケニアの生の声を届けられるように頑張ります。お身体に気を付けて!
Posted by ことり at 2018年07月24日 01:38
避難生活や復興活動が長引くにつれて、疲労やストレスも溜まるでしょうし、診療車の後に医療の質や量を低下させないことが非常に重要なことだと思います。
Posted by しん at 2018年07月29日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]