2018年08月02日

西日本豪雨災害(岡山県倉敷市真備町の医療現場からの緊急報告8月1日現在)

 先週週末台風が逆走して、西日本を縦断、現地には改めて緊張感が走りました。今後、台風シーズンが待ち受けています。早めの地域医療の復興が望まれます。さて、8月1日時点での真備地区の被災医療施設の状況です。内部もまだ未整備、プレハブの仮設診療施設もまだです。今すぐに支援が求められています。協議中の「岡山県倉敷市真備地区医療復興緊急支援事業(仮称)」を急がなければいけません。
                                                MK


IMG_1798.JPG

IMG_1799.JPG

IMG_1800.JPG
                                         
posted by resultsjp at 18:50| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
今度大きな台風が直撃したらと思うとゾッとします。河川インフラ整備、道路脇に積みあがる生活ごみの山の処理、そして医療施設の復興、課題山積みです。
Posted by ひら at 2018年08月02日 18:54
今回の案件は、MKさんの現地視察で実際に見て、聞いて感じたことが活きると確信しています。先方からの質問の対処が大変かと思いますが、お互いがんばりましょう!いつも元気をいただたいていますよ!!
Posted by ことり at 2018年08月04日 02:01
現地の方々には、不安な日々が続いているのですね。
Posted by しん at 2018年08月05日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]