2018年08月06日

新結核検査所譲渡式

2018年8月1日、カンゲミヘルスセンターで新結核検査所譲渡式が行われました。
この日は、日本リザルツケニア事業2期目の一つの節目を祝いました。

DSC_0540.JPG
DSC_0545.JPG
式典には、当事業の活動に多くのご理解とご協力を頂いている在ケニア日本大使館の植澤大使が来て下さいました。

PHOTO-2018-08-01-19-41-03.jpg
今回の式典の準備に向けて、多くのご協力をして下さったウエストランズ保健省とカンゲミヘルスセンターの方々です。この日は、双子のフラワーガールズも重要な役割を担って下さいました。

PHOTO-2018-08-01-19-41-09.jpg
この日は、ナイロビ知事が式典にご参加下さり、カンゲミが独特な歓喜の空気に包みこまれました。

DSCN2649 (1).JPG
式典は、植澤大使とマイク・ソンコ知事の新結核検査所のオープンを記念するジェスチャーから始まりました。

DSCN2658 (1).JPG
その後、ウエストランズ保健省の方々が新結核検査所を案内しました。

DSCN2661 (1).JPG
そして、カンゲミヘルスセンターの新結核検査所に導入されたランプ法機器の説明が、栄研化学の職員によって行われました。この検査法により、カンゲミヘルスセンターでより効果的な結核検査が期待されます。

DSC_0566.JPG
ケニアで集まり事を行う時に欠かせない祈りの言葉が捧げられました。

DSC_0570.JPG
コミュニティヘルスボランティアの方々が、新結核検査所で結核検査を受けることの重要性を劇で表現して下さいました。

DSC_0586.JPG
式典が重要性を帯びてきた中で、植澤大使が流暢なスワヒリ語と英語を織り交ぜて、日本リザルツの活動と日本とケニアの国際協力について語って下さいました。

DSCN2710 (1).JPG
DSCN2712.JPG
式典の最後には、マイク・ソンコ知事と植澤大使によるケーキカットが行われ、ご賞味頂きました。

この式典を行うために、カンゲミヘルスセンターの職員を始め、ウエストランズ保健省、ナイロビ保健省の方々の努力がとても大きかったです。これからも、日本リザルツケニア事務所は、カンゲミ地区における保健活動をこのような心強いパートナー達と行っていきます。よろしくお願いします。

(智貴)





















posted by resultsjp at 03:29| Comment(4) | 情報
この記事へのコメント
現地の歓喜と熱気が写真からひしひしと伝わってきます。
本当におめでとうございます!
Posted by かに at 2018年08月06日 08:07
無事に建物が完成して本当によかったですね
Posted by ことり at 2018年08月06日 13:07
待ちに待った検査所の完成ですね。今後が大いに楽しみです。おめでとうございます。
Posted by ひら at 2018年08月07日 23:22
検査所への期待の高さがうかがえますね。
Posted by しん at 2018年08月08日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]