2018年08月13日

「GGG+Forum in ケニア」に思う

    「GGG+Forum in ケニア」は、ケニア、日本、世界各地から各分野のキーパーソンが参集され、大成功となりました。今後の日本、世界、そしてケニアにおけるUHCの推進への大きなインパクトとなりました。今後の大いなる展開が期待されます。
    こうした政策面での成功の中で、長坂優子さんによる8月10日付「国際会議を共催。ポリオ患者の訴えに感動広がる」との投稿がありました(8月10日付ブログ)。この記事により、今回の「GGG+Forum in ケニア」は、「人」に焦点を当てた会議であったことも改めて認識させていただきました。
    同ブログで、長坂さんは、印象に残ったこととして、ポリオ患者のベス・ニョロゲさんの話を紹介しています。以下、ベスさんの言葉です。「私の祖母は、失ったものに気を取られるよりも、持っているものを使えと言い聞かせてくれました。こうしてお話しする機会と、あなた方自身の目で私の姿を見る機会を与えていただき、感謝します」(以上引用終わり)。
    病気になっても負けないベスさんから「頑張る力、生きる力」をいただきました。ベスさんの笑顔を世界に伝えたいです。ベスさん有難う。
                                       MK
posted by resultsjp at 13:02| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
ベスさんのお言葉素敵ですよね!多くの人に勇気をくれたベスさん、ありがとうございます。そして私も筆者のMKさんからいつも元気をもらってますよ。有難うございます!
Posted by ことり at 2018年08月13日 13:28
自分は医療制度、家族のおかげで今があります。そしてまた、リザルツ、皆さんのおかげで、身も心も元気になってきています。お返しする時です。負けません。ことりさん益々ファイト!
Posted by ひら at 2018年08月13日 14:48
ベスさんのその言葉を拝見して、思いの強さと勇気に心を打たれました。
Posted by しん at 2018年08月24日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]