2018年09月11日

食品に栄養を付加するため、政府が穀粉栄養強化プログラムを開始

日本リザルツケニア事務所のスタッフ、Paulineが掲示しました、ケニア政府の栄養改善プロジェクトに関する記事の和訳文をご紹介します。以下、Paulineの文です。


ケニア人の26%が栄養バランスを欠いている中、農務省穀物開発局は穀粉のブレンドプロジェクトに着手しました。

このプロジェクトはケニアの4つの大きな計画の一部で、穀粉に活用されていない栄養豊富な食品をブレンドすることで、ケニアにおける食料安全保障、栄養改善及び雇用創出を2022年までに達成することを目的としています。

小麦粉にはソルガム、キャッサバ及びサツマイモをブレンドし、とうもろこし粉にはキャッサバ、雑穀及びソルガムをブレンドします。

一方で、ブレンド粉に対してアレルギーやその他の問題がある人のために、100%のとうもろこし粉も販売されます。着色料の使用及びブレンドする雑穀の脱色は禁止されています。

栄養バランスの欠如が将来を担う子どもたちに深刻な影響をつきつける中、迅速な対応が必要であり、政府は今月中旬に一般市民を対象としてブレンド穀粉の栄養豊富さについて啓発活動を開始し、製品は今年の11月に陳列される予定です。
Pauline

穀粉の栄養を強化するだけでなく、着色料の使用や脱色を禁止して食品をなるべく自然な姿で提供するという姿勢は素晴らしいと感じました。
UME
posted by resultsjp at 18:24| Comment(3) | 栄養問題
この記事へのコメント
日本文化は自然との共生に特徴があるとよく言われますが、食品に関してはたくあんや紅生姜のように不自然な色のものが多く見られると感じます。ケニアを見習って、食品の自然な姿を貴ぶようでありたいと思いました。
Posted by しん at 2018年09月11日 18:27
あとはこうした取り組みが重要であることを1人でも多くの方に知ってもらうことが大切ですね
Posted by ことり at 2018年09月11日 18:57
ケニアの農業・食料政策の勉強になります。勉強してみたいですね。
Posted by ひら at 2018年09月12日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]