2018年09月25日

河野外相「新興する課題…:開発のための国際協力の新たな視点」で国際連帯税に言及

              パラダイム:河野外相.JPG

9月18日から第73回国連総会が始まり、本日25日から各国代表の一般討論も行われ、また一般討論以外にも様々なハイレベルイベントが開催されます。24日「ネルソン・マンデラ・ピースサミット」、26日「結核に関するハイレベル会合」等々。

そのハイレベルイベントのひとつが、「新興する課題と変化するパラダイム:開発のための国際協力の新たな視点」という会合です(*)。ここに河野太郎外務大臣が出席し、国際連帯税に関して、次のように述べられました。

【河野外務大臣臨時会見記録 冒頭発言より】
…(前略)…「新興する課題と変化するパラダイム」に関する会合が行われましたが,国際連帯税を含む革新的な資金調達が必要だ,少なくともこの問題についての議論をする必要性に言及しながら,SDGsを推進し,国づくり,人づくりに日本として貢献をしていく考えを示しました。
 議長から,やはりこの国際的な連帯税,政府を経由してODAとしてサポートをするのではなく,なんらかの直接必要なところに財源としていく国際連帯税というものに非常に興味を示されました。…(後略)…

なお、この会合の外務省の報告は、次の通りです。

【外務省】「新興する課題と変化するパラダイム:開発のための国際協力の新たな視点」
ハイレベル会合への河野外務大臣の出席


(*)これは伝統的なODAの枠組みを越えた新しい開発協力のあり方について議論するハイレベル会合で、国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(ECLAC)、欧州委員会,OECD開発センターの共催で開催される。

★写真は、「新興する課題と変化するパラダイム:開発のための国際協力の新たな視点」会合で発言する河野外相(外務省のHPより)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 13:51| Comment(3) | 国際連帯税の推進
この記事へのコメント
留任されるかが気になります
Posted by ことり at 2018年09月25日 15:23
議論が盛り上がって欲しいです。
Posted by しん at 2018年09月26日 08:13
ODAとは異なる新たな取り組みですね。国際的に広げていきたいですね。
Posted by ひら at 2018年09月28日 12:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]