2018年09月26日

衛生環境改善には皆が関わるべきです

24日にケニアスタッフHildaが掲示した記事の和訳文をご紹介します。

公立小学校の児童数増加により、衛生設備不足が発生しています。ケニアには21,718の小学校があります。
ナイロビには公立の小学校及び幼児教育センターが225あります。それら施設の大半には、非常に粗末な衛生設備しかありません。
子供たちには清潔なトイレ、安全な飲料水、十分な手洗い場、清潔な周辺環境や保健衛生教育といった基本的権利があります。
研究結果から、ケニア単独で年間17,000人の子どもたちが衛生環境に起因する病気で亡くなっているということが分かっています。5歳以下の子どもにおいては下痢が最大の死因で、発展途上国において毎年150万人の命を奪っています。
衛生環境が原因で病気になった子どもたちは、授業を休みがちで、結果として勉強で遅れを取り、試験結果が悪くなる傾向があります。
学校に適切な衛生環境を整えることで、授業を休む子どもがいなくなり、授業中の集中力が高まり、究極的には試験結果が改善するという成果が得られています。
私の意見として、適切な衛生環境の鍵となるのは、清潔な水へのアクセス及びトイレや水道設備といった衛生設備の整備状況であると思います。公衆衛生事務所の主要な任務は、ほとんど手をつけて来なかった分野について適切な衛生基準を設けることです。
清掃員がいたとしても、学校はトイレの清掃といった作業に児童を参加させるべきです。そのことにより、衛生環境に起因する病気との闘いに大きなインパクトを与えることができます。

Hilda

行政などに頼るだけでなく、全員で衛生環境改善に取り組むという姿勢は重要であると思います。自分達も衛生環境の改善に向けて何かできるという意識を子どもたちが持ってくれたら、将来へ向けた非常に大きな力となると感じました。
UME
posted by resultsjp at 13:49| Comment(3) | ケニア
この記事へのコメント
衛生環境の改善は、感染症抑止とも深い関係がありますよね
Posted by ことり at 2018年09月26日 14:30
全員の取り組みで、思い切り勉強に集中できるきれいな学校を実現して欲しいです。
Posted by しん at 2018年09月27日 07:44
学校で学んだ衛生環境改善の知識を家で報告し、住宅地全域に広げていきたいですね。
Posted by ひら at 2018年09月28日 12:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]