2018年09月30日

日本語教室講義中

ケニア事務所では、ケニア人スタッフが、日本人スタッフとの良好な関係を構築し、プロジェクト終了後、彼らが日本企業へ就職できる事を目指すために、ケニア人スタッフに対する日本語学習を推し進めています。

私は、日本語教室の講師を担当することになりました。週2回、1時間の講義をしています。

ケニア人スタッフの学習能力は、とても高い上、日本に非常に興味を持っていることから、日本語を学びたいという意欲も旺盛で、講義をしていてとてもやりがいがあります。

講義をしていると、各メンバーの性格が浮き彫りになり、お互いを理解するのに非常に役立っています。
また、彼らが、スワヒリ語と対比して日本語を覚えようとするため、私もスワヒリ語を学ぶ絶好の機会となっています。

DSC_1566.JPG

教えるということは、ひょっとすると学ぶことなのかもしれません。

こうした機会を通じて、両国の信頼関係がより強固なものになれば幸いです。

キリマンジャロの白い雪
posted by resultsjp at 01:58| Comment(3) | ケニア
この記事へのコメント
教えることで、自分自身が何より勉強になっていると実感します!がんばってくださいね
Posted by ことり at 2018年09月30日 11:52
週2日、1時間の研修、早く結果が出るといいですね。
Posted by ひら at 2018年09月30日 18:38
このような交流が日本とケニアの結びつけを強め、よりよい協力の礎となるのだと思います。
Posted by しん at 2018年10月01日 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]