2018年10月03日

カンゲミ地区における結核抑止啓発活動

DSC_1571.JPG

日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区での結核抑止啓発活動に力を入れています。
啓発活動の効果もあり、ウエストランズ保健省の結核専門家によると、カンゲミヘルスセンターを訪れる結核患者の数は他のクリニックと比べて多いそうです。
保健省の方から、日本リザルツがカンゲミヘルスセンターでの結核検査所の建設や結核検査LAMP法の導入を行ってくれたことには感謝しているが、コミュニティでの結核に関する啓発活動にもさらに力を入れてほしいという要望がありました。
そこで、私たちは、結核抑止啓発活動の効果を上げるため、活動に使うTシャツを作りました。
異なる配色で、人の目を引くように工夫しました。また、シャツの表面には、ケニアで結核予防活動時によく使われるスローガンを入れました。
啓発活動は、老若男女問わず多くの住民に行っています。日本リザルツケニア事務所では、一人でも多くの人に結核について学んでもらえるよう、日々工夫していきたいと思います。

(智貴)
posted by resultsjp at 00:55| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
Tシャツの写真が見たいです
Posted by ことり at 2018年10月03日 13:26
インターネットで調べてみたのですが、結核に光をあて、終焉させるというような意味であっていますか?
Posted by しん at 2018年10月04日 08:04
普及活動が着々と進んでいますね。頑張ってください。
Posted by ひら at 2018年10月04日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]