2018年10月03日

2018年世界トイレの日

ケニア・スタッフDickenが投稿したブログ記事の和訳文をご紹介します。

今年の世界トイレの日は、2018年11月19日に恒例行事として執り行われます。このトイレの日は、国際的な下水道施設危機への取組み活動を啓発するために国連が定めたものです。

トイレの日へ向けた準備は、始まっており、同様に覚書も形作られている状況にあります。

世界人口は、トイレ不足に直面しています。45億人が、衛生管理が充分になされていない下水道施設で生活しています。衛生管理の整っていない人々の割合は、世界人口の62.5%です。

世界衛生の注目日に対する準備の中で、水不足と世界トイレの日は、「自然が呼んでいる。」と呼ばれるキャンペーンを立ち上げました。

その声明はこうです。自然が呼んでいる時、我々は、その声に耳を澄まし、行動しなければならない。

世界の特に発展途上国の100万人の人々は、屋外で排泄し屋外で処理しています。このキャンペーンは、我々は、生態系と調和して機能するトイレを造らなければならない。と提唱しています。

6の持続可能な開発目標管理の確立へ向けて、世界は、2030年までに下水施設を改善し、下水施設と飲料水の可能性と継続的管理を獲得する必要がある。

もしこれが、明確に良識的に調査されなければ、2030年行動指針とはかけ離れた壊滅的な公衆健康危機が起こるであろう。

キリマンジャロの白い雪
posted by resultsjp at 13:42| Comment(3) | SDGs
この記事へのコメント
状況の改善に向けて何ができるか考えましょう
Posted by ことり at 2018年10月03日 13:51
トイレと手洗いが衛生の基本ですね。
Posted by ひら at 2018年10月04日 22:17
交通のように目立つインフラだけでなく、下水道のようなものの大切さをしっかり伝えられるのが日本の強みだと思います。
Posted by しん at 2018年10月08日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]