2018年10月08日

TICAD閣僚会合市民社会フォローアップ

10月6日、7日に開催されたTICAD閣僚会合のフォローアップとして、日本女子会館において会合が開かれ、
来年8月28日から30日に開催されるTICAD 7へ向けた今後の取組みについて話し合われました。
会合には国際連合開発計画(UNDP)から小松原TICADプログラムアドバイザーが出席され、
TICADは大きなイベントで幅広い分野から多数の参加者が集まること、TICADを通じてどのような成果を
求めているかがはっきりすれば、あとはそのために何をすればよいかは自ずと分かるので、サイドイベントの
開催など、積極的に動いて欲しいということ、その際UNDPとしても協力は惜しまないことについて話を
されました。
その後、今回の閣僚会合の結果をどう生かし、TICAD 7につなげて行くかということや、
今回の閣僚会合に際してのアフリカの市民社会組織と日本の市民社会組織との連携について等
話し合われました。
アフリカから来た代表者たちはこれからそれぞれの国に帰って行きますが、これからいよいよTICAD 7への
準備が本格化して行きます。
日本リザルツは、TICAD 7に合わせて、GGG+フォーラムの開催を予定しています。
UME

image1 (2).jpeg

image1.jpeg
posted by resultsjp at 15:29| Comment(3) | TICAD
この記事へのコメント
G20、オリンピックに合わせたN4Gサミットへの良い足掛かりにできるよう、戦略を練る必要がありますね
Posted by ことり at 2018年10月08日 19:52
あと10か月の間に何ができるかですね。
Posted by しん at 2018年10月09日 07:42
いよいよTICADが本格化しましたね。市民社会の積極的な関わりが重要ですね。
Posted by ひら at 2018年10月09日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]