2018年10月08日

ナイロビカウンティが貧しい世帯への無償医療サービスを開始

日本リザルツケニア事務所のアブタさんが投稿して下さった記事の邦訳を紹介します。

ナイロビカウンティ政府は、貧困層など特に取り残されている住民が、カウンティ内の病院で医療サービスを受けられるように、新たな医療戦略を策定したことを明らかにしました。

この戦略の資本は、国家病院保健基金(National Hospital Insurance Fund: NHIF)によって賄われています。そして、貧困層の世帯のために、Pumwani, Mama Lucy, Mbagathi、そしてMutuiniの4つの病院において、無償で質の高い医療サービスを受けられることを保証しました。

マイク・ソンコ知事は、「ナイロビカウンティ政府は、住民が質の高い、必要な医療サービスを受けられるよう、カウンティ内の病院の医療費を非常に低額にすると保証した」と述べました。

「私たちはパートナーであるNHIFと連携し、ナイロビカウンティで住民に質の高いサービスの提供ができるよう保証します。これはアクセス可能な保健サービスを公に実施する予定です。これは、ケニヤッタ大統領の4つの主要なアジェンダの1つであり、保健分野では核になります」とソンコ知事は述べました。

ソンコ知事は、行政の方針について、ナイロビカウンティにあるPumwani Maternity Hospitalでは、子どもとお母さんの医療サービスを適切に実施できるよう改善をするとも述べていました。

アブタ

方針を打ち出し、一過的な事業を行うことは簡単です。ただ、これを持続可能なものにするためには、政府自身が自国資金でこうした政策が履行できるよう、予算配分の見直しが必要です。何が重要政策なのかを各国が見直した上で、適正な場所に自国予算が行き届く行政運営を期待しています。
(はるか)
posted by resultsjp at 20:42| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
貧困層に対して無償の医療サービス。素晴らしいですが、堅実に進めてほしいですね。
Posted by ひら at 2018年10月09日 09:34
レシピエント側の行動変容を促すことも大切ですね
Posted by ことり at 2018年10月10日 12:13
持続性のある施策になるか要注目ですね。
Posted by しん at 2018年10月12日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]