2018年10月10日

10月16日は世界食料デー(World Food Day )

国際連合食糧農業機関(Food and Agriculture Organization of the United Nations:FAO)は、1979年の第20回FAO総会の決議に基づき、1981年から、10月16日を「世界食料デ―」として定めました。この日には、ローマのほか世界各地で、飢餓からの解放、全ての人の食料安全保障、栄養のある食事を確保するための知識の普及と活動を目的として様々な行事が行なわれます。
ローマ本部では、各国首脳、閣僚、民間部門や市民社会関係者も参加する記念式典が行われるほか、専門家による高級パネルも開催されます。パネリストは、飢餓ゼロに向けた取り組みとして、気候変動、紛争、移民、貧困、飢餓と肥満の二重負荷、栄養教育、改善された食料システム、農業と環境、生物多様性の維持、家族農業の強化など様々な課題を話し合います。FAOの年報である「世界食料農業白書」も公表されます。
2018年のテーマは、「2030年までに飢餓のない世界は達成できる〜私たちのアクションが未来をつくる〜」です。SDGsの2を意識したテーマと言えます。世界の栄養不良については、子どもについてみると、5歳未満の1億5500万人が発育阻害の状態にありますが、同時に、子どもの過体重も増加傾向にあります。
貧困層の80%は農村部に住み、農林水産業で生計を立てており、小規模農家は生産性と収入を向上させるため、持続可能な農法に適応していくことが求められています。環境に配慮しながら、技術イノベーションを活用し、安定かつやりがいのある雇用を創出するアプローチが必要となっています。
こうした世界の動きにも注目していきたいと思います。
MK


posted by resultsjp at 20:08| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
気候変動、栄養も注目されているようですね。
Posted by ひら at 2018年10月10日 20:11
特にどういったことに力を入れているのでしょうか
Posted by ことり at 2018年10月11日 00:30
本当に食糧問題を解決するためには、それらの要素も無視できませんね。
Posted by しん at 2018年10月12日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]