2018年10月11日

ケニアにおける新抗結核薬の躍進

ケニアスタッフCalvinのブログ記事和訳文をご紹介します。

2013年に世界保健機関(WHO)が新抗結核薬のベダキリン及びデラマニドを承認しましたが、ケニアでは少数の患者にしか使用されていません。
ベダキリン及びデラマニドは超多剤耐性結核(XDR-TB)及び多剤耐性結核(MDR-TB)患者の治療用として米国で承認されました。WHOは両方を多剤耐性結核治療に推奨しています。
ケニアのハンセン病・結核及び肺疾患局長、モーリーン・カメメ博士は、超多剤耐性結核患者のみに試験投与を行うと語っています。
国家結核・ハンセン病及び肺疾患プログラムのデータによると、ケニアでは薬剤耐性結核が3,000件報告されています。
しかし、多剤耐性結核患者まで処方を拡大する計画もあり、その場合毎年300から500人の患者がこれらの薬を使用することになると予想されています。
ケニアは国家結核・ハンセン病及び肺疾患プログラムを通じて、年末までに650人の患者に新薬を処方します。
ベダキリンとデラマニドの服用には共に5万ケニアシリングかかることから、結核プログラムは本年少数の患者から取り掛かり、今後徐々に、より多くの患者に拡大してゆくことを予定しています。
現在、カンゲミ保健センターには2人の多剤耐性結核患者がいますが、1人はほぼ治療が完了しており、もう1人は先月から結核クリニックにかかっている患者です。新たな治療法に関して、国家結核プログラムでは手続きや準備が進められています。
Calvin

このような施策により薬剤耐性結核が減少し、それが日本の製薬企業のさらなる研究開発を促すことにつながるといいと思います。
UME
posted by resultsjp at 10:59| Comment(2) | 結核
この記事へのコメント
日本の知見を活かすために、官民が連携して、海外にアドボカシーをする必要がありますね
Posted by ことり at 2018年10月11日 12:27
リザルツの役割が益々期待されますね。
Posted by ひら at 2018年10月11日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]