2018年10月25日

2018ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議

10月23日に三井住友銀行東館のSMBCホールで開催された、標記会議に出席してきました。
この会議は「欧米の先を行く企業統治制度 -公益資本主義」をテーマとしていました。
主催者であるアライアンス・フォーラム財団の原丈人代表理事のお話の中で、企業が株主の
ものであるという誤った認識が広まった結果、企業利益の還元を株主に偏らせている現状を
是正し、社員にきちんと還元することで中産階級層が豊かになり、国が安定し、
世界も安定するというものがありました。
これまで国際連帯税に関わる中で見てきた、税制による所得の再分配とはまた異なった
形でのアプローチですが、目指すところが一緒という点に関心を抱きました。
幅広いアプローチがそれぞれ実を結び、極端な富の不均衡が解消に向かって欲しいと
思います。
UME
posted by resultsjp at 20:42| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
まずは、医療サービス等がきちんと受けられるような社会づくりを目指したいですね。
Posted by ことり at 2018年10月26日 10:00
改めて医療問題は企業論理を越える部分が大きいと感じました。
Posted by ひら at 2018年10月26日 10:11
人を大事にする社会の実現が重要だと感じます。
Posted by しん at 2018年10月26日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]