2018年11月07日

SDGs達成に向けた人口と食料安全保障会議III

11月6日、衆議院第一議員会館国際会議室で、公益財団法人アジア人口・開発協会(APDA)さん主催の標記の会議が開催されました。日本リザルツからは、門井、藤崎、小平の3人が、会議参加者の案内、受付、マイク渡し、資料準備等会議運営の裏方として参画しました。

開会式では、APDA理事長である福田康夫元内閣総理大臣の歓迎挨拶、国際人口問題議員懇談会(JPFP)幹事・食料安全保障部会長の三原朝彦議員による基調講演が行われました。これを受けて、第一部「現状と課題」、第二部「イノベーションによる課題解決の可能性とSDGsへの貢献」、そして第三部「持続可能な農業システムの構築」において、各界の専門家による講演が行われました。 第三部は合瀬宏毅NHK解説委員による司会進行でパネルディスカッションが行われ、研究者、先進的な農業生産者、消費者代表、業界関係者との間で非常に熱心な議論が行われました。

日本の食料自給率低下、耕地面積の減少、担い手の高齢化始め日本農業及び構造が大きく変貌する中で、ロボット、ゲノム等先進的な農業技術の果たす役割について貴重な情報提供が行われ、大変参考になりました。

                                              MK

IMG_2171 (3).jpg

IMG_2167 (3).jpg
posted by resultsjp at 11:06| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
リザルツ軍団大活躍ですね
Posted by ことり at 2018年11月07日 19:37
非常に中身の濃い農業戦略が議論されていましたが、聴衆が少ないのが勿体なかったですね。
Posted by ひら at 2018年11月10日 12:13
農家の高齢化の中、他の農家の手伝いで忙殺される若い農家についてテレビで見ました。
Posted by しん at 2018年11月14日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]