2018年11月08日

ケニアでの食料安全保障改善

ケニアでの食料安全保障改善の努力は、2017年の国内総生産へ33%貢献し、経済成長の主要な促進力となったにもかかわらず、活動分野の厳しい資金不足により危険にある。

資金不足のチェレンジは、作物の生産性を低下させる土地面積の縮小、土壌劣化、気候変動に加わり、政府推測の2020年5000万人に到達する増加中の人口に食料を提供することをより難しくする。

国家の政策立案者たちは、国内の十分な食料生産を確保するために適した政策を思いつく必要がある。これは、活動分野が持続的になるための転換である、若者や女性が生産や付加価値連鎖に組み込まれることを確立するための政治的善意によって支持されるべきだ。

さらに、農業のために意図された資金は、政治的利益を得るために農業に比べてより見えやすい政治的干渉の対象や政府役人による道路の建設など、他の活動に転用されるべきでない。

農家の人々は、上質で手が届く価格の農薬、新しい農業技術、適切な研究の採択などを備えるべきである。そうでなければ、食料安全保障は大きなチャレンジとして残る。

Pauline

(智貴)
posted by resultsjp at 00:46| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
様々な要因を考えて対策を講じる必要があるんですね
Posted by ことり at 2018年11月08日 08:28
ケニアの食料安全保障対策はこれからですね。女性、若者などに食料生産、流通、販売などの担い手に焦点を当てた、food supply chainの効率化施策は重要な視点ですね。日本では、高齢化で担い手不足が深刻です。
Posted by ひら at 2018年11月10日 12:11
どこにいくら使うのが国民のためになるのかということをよく考えることが肝心ですね。
Posted by しん at 2018年11月14日 08:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]