2018年11月11日

[ニュース]ゲイツ氏、東京オリンピックに向け政府と連携

先週、ビル&メリンダゲイツ財団のビル・ゲイツ氏が来日していました。東京オリンピック・パラリンピックに向けて嬉しいニュースがありましたので、紹介させていただきます。


以下がニュースになります。

東京大会 ビル・ゲイツ氏が知識や資金面で協力(テレビ朝日より)


2020年のオリンピック・パラリンピックに向け、ビル・ゲイツさんが協力します。


 東京大会では、使わなくなった携帯電話からのメダル製作など国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に沿った運営を目指しています。マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツさんの財団とスポーツ庁は9日、東京大会に向けてパートナーシップを締結しました。

 ビル・ゲイツさん:「スポーツに関連した活動によって(SDGsの)目指すものに光を当てるという仕事を一緒にできることをうれしく思っている。日本はSDGsに大きく貢献することができると思う」

 財団は今後、アスリートのSDGsの活動に対して資金や専門知識などの面で支援していくということです。


ニュースのリンクはこちら

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000140463.html


2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、N4Gサミットが開催されます。栄養・食事に関する分野にも関心の高いゲイツ氏の協力のもと、一連の催しを成功させられることを期待しています。


(はるか)

posted by resultsjp at 12:46| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
ゲイツ氏の協力は心強いですね!
Posted by ことり at 2018年11月11日 12:47
アスリートのSDGs活動の内容を詳しく知りたいですね。
Posted by ひら at 2018年11月15日 00:21
SDGsの扱われ方が、驚くほど限定的であると感じています。もっと大きく取り扱われるきっかけになって欲しいです。
Posted by しん at 2018年11月15日 08:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]