2018年11月30日

大統領夫人の医療キャンプがキスムの地元住民に恩恵をもたらす

日本リザルツケニアスタッフHildaのブログ記事和訳文をご紹介します。

キスム・カウンティの住民は今週、ケニアのマーガレット・ケニヤッタ大統領夫人による「ビヨンド・ゼロ」という取組みのおかげで無料の医療サービスを受けられました。この医療ツアーは、22日木曜日及び23日金曜日の2日間にわたりジョモ・ケニヤッタ・スポーツ・グラウンドで行われました。
住民たちはこの取組みを通じて、疾病の負荷が大きいことから選ばれた鎌状赤血球症の検査など様々な医療サービスを受けることができました。
専門的なサービスが多数提供され、その中には子宮頸がん、肺がん、前立線がんや、高齢者向けの老眼ケア、子供向けの整形外科、そして子どもの心臓病検査などが含まれていました。
11月17日から23日の間、ジャラモギ・オギンガ・オディンガ病院では、無料で瘻(ろう)の治療が行われました。
医療ツアーは、包括的なサービスの推進を目的とした2018-2022第2戦略フレームワークに沿って、無料の検査、治療及び相談サービスを通じてケニアの人々に統合的、専門的な医療を提供することを狙いとしています。
責任者であるビヨンド・ゼロ事務局のアンジェラ・ランガット氏は、キスムの住民に対し、この機会を逃さず、多数の人が参加するよう呼びかけました。
ランガット氏はまた、Abbott point of careの診断機器をジャラモギ・オギンガ・オディンガ病院に寄付すると宣言しました。
この機器の技術により、HIV陽性の母親が産んだ赤ちゃんの診断結果が出るまでの時間は、30日から90日かかっていたものが24時間で分かるというように、革命的に短縮されます。
5,000人が医療サービスを受けたナロク・カウンティに続き、キスムが医療ツアーを受け入れる2番目のカウンティとなりました。
Hilda

大統領夫人が様々な取組みをされていることに敬意を表します。その中から、他のアフリカ諸国、ひいては全世界に示すことができる成功事例が出てきて欲しいと思います。
UME
posted by resultsjp at 18:48| Comment(3) | ケニア
この記事へのコメント
保健分野に熱心な大統領夫人の取り組みに今後も注目ですね
Posted by ことり at 2018年11月30日 19:25
ケニアのトップの右腕の大統領夫人のいつもながらの実のある指導力に感服しますね!
Posted by ひら at 2018年12月05日 09:01
ヘルスケアへのアクセスがあるということの大切さを人々や地域行政が実感し、恒常的な医療サービスの提供につながるといいと思います。
Posted by しん at 2018年12月06日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]