2018年12月21日

冨田大使表敬訪問

昨日、代表の白須と共に冨田浩二金融・世界経済に関する首脳会合担当大使を表敬訪問しました。
他にも2019 G20サミット市民社会プラットフォーム、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、グローバル連帯税フォーラムから代表者が出席し、それぞれの取組みを紹介するとともに、来年のG20及びTICAD並びに2020年の栄養サミットへ向けた日本政府の取組みの中で、国際連帯税、栄養、そして水・衛生・トイレといった分野においてリーダーシップを取って欲しいという要望を伝えました。
大使からは、G20まではあまり期間が残っておらず短期決戦という状況であると同時に、大臣会合を合わせた日本の議長国としてのプロセスは来年1年間に渡るものであり、長期戦の要素もあるので、是非また機会を設けて直接意見を交換したいとの嬉しいお言葉をいただきました。
日本政府と市民社会とで力を合わせて取り組むという姿勢を互いに確認でき、意義深い表敬訪問となりました。
UME
posted by resultsjp at 18:13| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
G20に向けた気運が高まってきましたね
Posted by ことり at 2018年12月21日 19:08
G20のキーパースンへのアドボカシーご苦労様です。富田大使の著書を拝読中です。
Posted by ひら at 2018年12月24日 02:43
密室で物事を決めてしまうのではなく、開かれた場で多様な意見を集めて皆で考えるという姿勢が広がって欲しいです。
Posted by しん at 2018年12月30日 12:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]