2019年01月22日

マーガレット・サッチャー:政治を変えた「鉄の女」

代表の白須が推薦する標記の本を、現在スタッフが順番に読んでいます。
この本はG20担当大使の冨田浩司氏による著書で、私はまだ読んでいませんが近年の英国を知る上で参考になるとともに、とても面白く読みごたえがあるということです。

昨年12月に冨田大使を表敬訪問した際、話が終わったあとにサインをもらっていましたので、それを見ると当時が思い起こされます。
UME

P_20190122_100739.jpg

P_20190122_100728.jpg

大使訪問の記事はこちら
http://resultsjp.sblo.jp/article/185235442.html

posted by resultsjp at 09:51| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
本書のお蔭でサッチャー首相の偉大さを学ぶことができました。現在の国際政治動向の理解のためには20世紀後半の国際政治・外交史の理解が必要であると感じました。
Posted by ひら at 2019年01月22日 11:13
ひらさんはもう読まれたのですね。よかったらポイントをブログで教えていただけると嬉しいです。
Posted by ことり at 2019年01月22日 16:49
冨田大使は市民社会とも連携してG20に臨みたいとおっしゃっいました。どのようなことが一緒にできるか楽しみです。
Posted by しん at 2019年01月25日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]