2019年01月27日

河野外相、ダボス会議(世界経済フォーラム・WEF)でも国際連帯税を訴える

ダボス会議(世界経済フォーラム・WEF)が1月22〜25日に開催されましたが、これに河野太郎外務大臣も出席し、1月23日のWEF主催の「Country Strategy Dialogue on Japan」というプログラム等に参加しました。

このダイアローグで大臣は以下のような発言を行ったとのことです(以下、外務省のHPより)。
==============
(1)「Country Strategy Dialogue on Japan」
 本プログラムでは,河野外務大臣及び片山地方創生担当大臣が主要なスピーカーとして参加し,日本に関心を持つ約50名の企業関係者等との間で国際社会における日本のリーダーシップの役割,日本経済・社会の現状等について議論が行われました。
 河野大臣からは,資金ギャップを埋める必要性やルールに基づく自由で開かれた国際秩序の重要性等を提起し,これらを維持・強化するための日本の取組について発信しました。この中で,「自由で開かれたインド太平洋」の実現や国際連帯税などについても触れ,参加者との間で活発な議論が行われました。

(2)「The Geopolitical Outlook」…略
===============
河野外務大臣の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(「ダボス会議」)への出席
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page4_004677.html#section1

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事) 
posted by resultsjp at 17:32| Comment(3) | 国際連帯税の推進
この記事へのコメント
河野大臣のイニシアティブもあり、ますます、気運が加速してますね
Posted by ことり at 2019年01月28日 14:43
ダボスでの河野大臣の活躍、素晴らしいことです。
Posted by ひら at 2019年02月02日 13:18
コンスタントに発信し続けてくださっているのが心強いですね。
Posted by しん at 2019年02月02日 18:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]