2019年01月28日

国際連帯税の導入への道筋づくり

1月25日、国際連帯税の創設を求める議員連盟事務局長 石橋通宏参議院議員との間で、貴重な会合をさせていただきました。日本リザルツ白須代表、グローバル連帯税フォーラム田中代表理事ら有識者と省庁関係者の方との会合でした。

2019年は、G20大阪サミットや、TICAD7(横浜)など、日本で主要な国際会議が開催されます。
2030年が達成目標の期限である「持続可能な開発目標(SDGs)」をどうやって達成するか、また実行に必要となる資金面での課題について、今年6月のG20大阪サミットでも議題となる可能性が報じられています。

そんな中、日本がホスト国となる会合だけでなく、国際連帯税リーディンググループも主導することが明らかになっています。
河野外相、革新的な資金調達に関するLGの議長国就任を報告(1月18日)

さて、日本での国際連帯税導入ですが、国会議員連盟の議論だけでなく、外務省が関わるグローバルな課題に取り組んでいくための財源確保の資金調達案としても、約10年来検討されています。国境を越えた航空旅客輸送や金融取引、またデジタル分野などが課税対象として取りざたされていましたが、具体的な進展に向けての道筋を作っていくことが期待されています。

石橋通宏参議院議員は、国会の閉会中審査などのお忙しい中にも関わらず、お時間を設けてくださいました。
この場をお借りして、お礼申し上げます。

SoH
posted by resultsjp at 17:44| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
石橋先生の熱い思いが実現できるよう、私たちも頑張りましょう!
Posted by ことり at 2019年01月28日 18:38
戦略会議ご苦労様でした。
Posted by ひら at 2019年02月02日 13:13
いよいよ国内の議論を盛り上げないといけない状況になってきました。
Posted by しん at 2019年02月02日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]