2019年02月04日

3期目のプロジェクトの調印式がありました

現地スタッフアブタさんのブログの邦訳です。


1月30日(水)、ゆうこさんやウエストランズ保健省のアズマ博士、そしてスタッフは3期目のケニア事業の調印式に行きました。
植澤大使はお忙しいということで、片山公使が代わりに調印をしてくださいました。

調印のあと、片山公使はプロジェクトの概要や企業との連携をどのように進めるのかをゆうこさんに質問していました。
日本語での会話でしたが、ゆうこさんはアクティビティの内容と3期目をどのように成功させていくかを説明していました。

その後、高島書記官とゆうこさんが細かい打ち合わせを行い、私たちは大使館を後にしました。

3期目のプロジェクトは、より多くの人々を対象にして事業を行います。事業の成功のために熱意をもって取り組みを進めたいと思います。

また、最終年度の事業であるため、カンゲミの人たちが自分たちで取り組みを進められるよう、栄養、水とトイレ、衛生、そして結核抑止のアドボカシーを進めていきたいと思います。
そして、ナイロビカウンティとの連携で、プロジェクトを最後まで円滑に運営していきたいです。

Abuta

現地スタッフのアイデアとパワーで実り多き事業にしていきたいですね。
posted by resultsjp at 18:29| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
みんなで良いプロジェクトにしましょう!
Posted by ことり at 2019年02月04日 18:33
アブタさん、お疲れ様でした!事業のご成功を祈念しております。
Posted by ひら at 2019年02月04日 18:41
これまで以上に、プロジェクト終了後のことを意識する必要がありそうですね。
Posted by しん at 2019年02月11日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]