2019年02月08日

第3期プロジェクトへの私のモチベーション

現地スタッフのPaulineさんのブログ投稿の日本語訳です。

健全なコミュニティが栄養についての情報や知識に基づいて、栄養に関わることを賢く決められるようになるのを見届けるのが私の望みです。

(地区の)お母さんたちや子供たちに直接話をすることで、地区の栄養状態をよりよくします。
お母さんたちは家庭で、明日の世代のこどもたちの栄養に関わる決断をしています。
結核患者の方がよい栄養状態にあるとき、快復が早く、また再発するリスクを低くします。

日本リザルツ ケニア第3期プロジェクトのメンバーであることを楽しみにしているだけでなく、カンゲミ地区の生活にポジティブな影響を与えられるよう頑張ります。

Pauline
posted by resultsjp at 13:53| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
活躍を期待しています!
Posted by ことり at 2019年02月08日 18:15
栄養の情報と知識の向上が重要ですね。第3期事業が楽しみです。
Posted by ひら at 2019年02月09日 18:11
栄養サミットの成功のためにも、このような取り組みが身を結んでいって欲しいです。
Posted by しん at 2019年02月11日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]