2019年02月08日

主要カウンティでのBCGワクチンが不足。子どもたちに結核罹患の恐れ。

現地スタッフのCalvinさんのブログ投稿の日本語訳です。

ケニアの多くのカウンティでは、子供たちを結核の疾病から守るBCGワクチンが不足しています。

キスム、ナクル、ホマベイ、サンブル、シアヤカウンティでは、ケニア国政府から供給が滞っており、BCGワクチンの不足が深刻です。これは2018年6月以来KEMSA(ケニア医療品供給社 Kenya Medical Supplies Authority)への支払遅延に起因しています。

これらのカウンティの公衆衛生責任担当者は懸念を共有していますが、ナイロビの備蓄庫からやがて運ばれることが約束されるのみで、供給が早まることはありません。

よい知らせとしては、ワクチンを担当しているカウンティ公衆衛生当局者によって、BCGワクチンの予防接種率は90%以上です。

ケニア国政府は政令を発し、これらのカウンティに供給し、KEMSAのマネジメントと支払問題の解決を図ることを目指しています。

Calvin
posted by resultsjp at 14:17| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
抜本的な対策が必要ですね
Posted by ことり at 2019年02月08日 18:14
まだまだ国際社会の支援が必要なようですね。
Posted by ひら at 2019年02月10日 20:14
子供たちを守るため、持続的な事業運営をして欲しいです。
Posted by しん at 2019年02月11日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]