2019年02月11日

ケニアの看護師がストライキを開始

日本リザルツケニア事務所のアブタさんのブログの邦訳を紹介します。

3年前から続いている賃金上昇に関する交渉が決裂したため、看護師たちがストライキに入りました。
ケニア政府の賃金・年金交渉担当のLyn Meng’ichは、資金不足から正式に看護師たちの要求を受け入れることができないと公表しました。
また、各州政府、保健省、そして国庫は看護師たちに支払う資金はないことを確認しました。

「もし看護師の要求だけ聞いていたら、他の医療従事者の言うことも受け入れなければならない。これは負の意味で波及効果をもたらしてしまう」とLyn議長は述べた。

ストライキはすでに西ポコト、タイタ、タベタ、トランゾイア、エルゲヨ、マラクェット、ワジル、マンデラ、ヴィヒガ、タラカニシ、ニャンダルア、そしてニェリで起こっています。 明日からは、ガリッサ州の保健省と、サンブル、キリニャガ、そしてエンブがストライキに加わります。

キスムカウンティでは、手術、検査所、物資、そして母子保健サービスにすでに影響が出ています。

また、2月18日からは、ムランガ、ブシア、ナクル、ナロック、マクエンニ、ボメット、そしてタナリバーがストライキに入ります。

ケニア国家看護師連合のセス・パンヤコ事務局長はこう言いました。「州政府が動いて下さることを辛抱強く待っていましたが、お金を支払うことができないという誤った見解が出てしまいました」と。

議員たちは、病院のサービスが維持されるよう州知事と看護師たちが、会し、そして、徹底的に業務に関する合意について議論するよう要請しています。

しかしストライキの間、ケニアの医療サービスに関して、看護師による医療へのニーズのうち80%ほどに悪い影響を及ぼします。

Abuta

前回のストライキでは、多くの人が医療サービスを受けられずに亡くなりました。早急に問題が解決することを祈ります。
(はるか)
posted by resultsjp at 16:34| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
今回はいつ収束するでしょうか?
Posted by ことり at 2019年02月12日 18:13
看護師のスト権による母子の健康への負の影響も心配ですね。
Posted by ひら at 2019年02月13日 19:24
それぞれに事情があると思いますが、最も弱い人々に不利益や苦しみがいってしまうのは可能な限り避けて欲しいです。
Posted by しん at 2019年02月16日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]