2019年02月11日

医療予算改善に向けてNIIMS(ケニア国内統合個人情報管理システム)の公開

ケニア事務所メンバーCalvinさんのブログ投稿の日本語訳です。

政府は大量のデジタルデータ登録を本年3月から始め、国内統合個人情報管理システム(National Integrated Identity Management System, NIIMS)の公開を計画しています。

このシステムはケニア国民と同国内の外国人の個人情報を一元管理し、登録人口(戸籍)を作成、管理、運営するためのものです。

特定の地域で正確な人口を知ること、彼らの健康ニーズ、また利用可能な施設や供給品が需要を満たしているのかを把握するために欠かせません。

対象人口は国境内に住んでいる人の中でも、特に、人の国内外への移動が頻繁に行われているケニアーウガンダ国境、ケニアータンザニア国境付近の人です。政府の主な目的は国内健康保険基金のすべての加入者を登録することです。

このスキームは、すべてのケニア人が国内のどの場所でも自由に保健サービスにアクセスするために必要不可欠です。
政府にとっても重要です。ビッグ4アジェンダ(訳者補足:ケニア国大統領ケニアッタ氏が掲げる4大政策1.製造業振興、2.食料確保・栄養、3.UHC、4.廉価な住宅供給のこと)で、国内UHCに向けた持続的開発目標実現に向けて取り組んでいるからです。

Calvin
posted by resultsjp at 17:06| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
管理できる体制、資本は整っているのでしょうか
Posted by ことり at 2019年02月12日 18:09
大統領4大政策2のには「食料確保・栄養」、とあります。農業・食料政策も含まれるのでしょうね。勉強してみたいものですね。
Posted by ひら at 2019年02月13日 19:21
情報が集まった時、どのようなことが明らかになるでしょうか。
Posted by しん at 2019年02月16日 16:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]